〒482-0042
愛知県岩倉市中本町西出口31-1
TEL:0587-66-3400
FAX:0587-66-3417

頑張る中小企業を応援します!

活動報告一覧INFORMATION

鳥勝 ぶっちー

ふるさと納税裁判、泉佐野市勝訴!

こんにちは!

最近、よくこどもが絵を描いて

僕にプレゼントしてくれます。

これは次女が描いてくれた絵ですが、

ちゃんと描いた人物がみんな笑っていて

安心しました。

こどもが人間を描いた時、顔が笑ってないと

何か不満を抱えている可能性があると

聞いたことがあるので。。。笑

知らないうちに成長している事が

ちょっとうれしいですね!

ぶっちーです。

 


 

 

さて、今回は気になったニュースから。

 

 

 

ふるさと納税訴訟 大阪 泉佐野市勝訴 市除外を取り消し 最高裁

NHKニュース
 
ふるさと納税訴訟 大阪 泉佐野市勝訴 市除外を取り消し 最高裁 | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200630/k10012489311000.html
【NHK】ふるさと納税で過度な返礼品を贈ったとして制度の対象から除外された大阪 泉佐野市が国を訴えた裁判で、最高裁判所は泉佐野市の…

 

 

 

”過度な返礼”で何かと話題になっていた

泉佐野市さんのふるさと納税ですが、

余りにも趣旨から逸脱していた為

お国の怒りをかってしまい対象から

除外されてしまっていました。

 

 

 

 

 

しばらく裁判で制度復帰を求め

争っていましたが、ついに最高裁で

判決が下されました。

 

 

 

結果は上記の通り泉佐野市の勝訴と

いう結末を迎えました。

これで、泉佐野市のふるさと納税は

制度の対象に復帰する事が確実と

なりました。

 

 

この返礼を過度にしてふるさと納税を

多く集めるという手法は、昨年6月の

法改正以前は「適法」だったため、

やり方が少しダーティーとはいえ

それを理由に法改正以降の対象と

しないという事は、やはり国が

「やりすぎ」という事だったのでしょう。

「法の不遡及」という大前提にも

反しますからね!

 

 

出典:泉佐野市

 

 

とはいえ、裁判官もあまり快く思わない

部分があったのは事実のようで

林景一裁判官は、泉佐野市の勝訴となる

結論について、

「いささか居心地の悪さを覚えたところがある」

と補足意見として述べたそうです。

 

続けて、

「居心地の悪さの原因は、泉佐野市がことさらに

返礼品を強調する寄付金の募集を推し進めた結果、

集中的に多額の寄付金を受領していたことにある。

とくに、法律の改正後にも返礼品の割合を高めて

募集を加速したことには眉をひそめざるをえない」

と泉佐野市の対応を批判したそうです。

 

 

 

 

 

とまあ色々物議を醸しつつも結論は

下ったわけですが、これで

「泉佐野市の過度な返礼」

がふるさと納税で復活するわけでは

ありません。

あくまでも、昨年6月に法改正された

後のふるさと納税の対象に加えられる

事になりそうという事です。

 

 

鳥勝のある岩倉市でも、もちろん

ふるさと納税制度はあります。

 

 

ちゃんと岩倉市は返戻の額が

納税額の3割以下であったり、

地場産品であったりルールは

守っていますよ笑

 

 

ちなみに、岩倉市の返礼品の

一つにはもちろん

「名古屋コーチン」が入っていますが

鳥勝の捌いたものではありません。

同じく岩倉市の関戸養鶏人工孵化場さんの

提供されているものです。

 

鳥勝も何か新しいものを考えて、

岩倉市に売り込まなければ!

 

 

ともかく、何か新しい制度を策定する時には

「ルール内だったら何をやってもいい」と

考える人が出てくることを前提に考えなければ

いけませんね!

少し日本は「性善説」に立ちすぎな気はします。

 

 

それでは今回はこの辺で!

また次回!