〒482-0042
愛知県岩倉市中本町西出口31-1
TEL:0587-66-3400
FAX:0587-66-3417

頑張る中小企業を応援します!

活動報告一覧INFORMATION

黒木優

アルミ架台製作

こんにちは!

 

 

梅雨明けしてからというもの、物凄く暑い日が続いてますね💦

 

 

そんな暑い日のアルミ溶接はとっても過酷です…

 

 

なぜかというと、アルミ溶接は鉄やステンレスに比べて「溶接電流が高い!」

 

 

そもそもの熱量が違うわけです。

 

 

そして、アルミは熱伝導率が高いので溶接した場所から離れた部分でもすぐに熱が伝わってくる。

 

 

そこら中から熱が発せられるんです💦

 

 

アルミ架台製作

 

 

とりあえず枠まで作った写真です。

 

 

矯正ジグで開きながら溶接してます。

 

 

溶接をすると、ほぼどんな金属でも「縮もう」としたり、溶接した側へ「窄もう」とします。

 

これがいわゆる溶接の『歪み』なのですが。

 

 

後から治す事もできますが、手間がかかるのでなるべく『歪まないように』溶接をしていきます。

 

 

アルミ架台製作

 

 

対角や通りを出したあと、縞板を貼って完成です🎵

 

 

今回のようなパイプでの枠やフレームを作るときの「ポイント」。

 

 

もし突き合せ部分を『全周溶接』する場合。

 

 

どこか目立たない場所や隠れてしまう場所でいいので1箇所(製作物によっては適箇所)に小さめの『穴』を空けておきましょう。

 

 

アルミの場合は特に密閉されようとするときに内側から空気が吹きだしてきます。

 

 

そうなるといくら溶接で埋めようと思っても埋まりません!

(どんどん汚くなるだけ…)

 

 

なのであらかじめ、穴を空けて抜け道を作っておく訳です。

 

 

これを意識しておくだけで、製品の出来が変わりますね。

 

 

それでは。