〒482-0042
愛知県岩倉市中本町西出口31-1
TEL:0587-66-3400
FAX:0587-66-3417

頑張る中小企業を応援します!

活動報告一覧INFORMATION

田中(いわくら不動産)

新聞の折込チラシって必要⁉ (不動産)

皆さん、おはようございます

いわくら不動産センターです!

 

さぁ今日もまずはコレから…

毎日いろいろな

記念日はありますが、、、

少~しマイナーな記念日を♫

 

今日7月14日は

何の日かわかりますか?

 

「内視鏡の日」らしいです

なぜか・・・?

 

(想像通りですが、、、)

7(ナ)1(イ)4(シ)。。。

「ないし、、内視鏡」

 

出ました!

今日も少~し、、

強引な 語呂合せです。。。

ただ、

内視鏡を使った医療の検査は

たくさんあります

あなたや、大切な人の健康を見つめ直す

良い日になるといいですね♪

 

 

 

さて、

本日のブログは

「新聞の折込チラシって必要⁉(不動産)

についてのお話を

 

新聞をとっていない人

多いですねって話を

前回のブログでしましたが、

 

前回のブログはこちらをクリック↓

チラシのおハナシ、、、

 

今の時代

パソコンにスマートホンなど

インターネットや、テレビなどでも

数多くの情報が“いつでも”“どこでも”

手に入るし、、、

紙媒体の新聞や広告は

いらないでしょ・・・

 

そういわれる人も多いと思います

 

だからこそ

年々、新聞の購読者数は確実に

減っていることに

繋がっているんだとは思います

 

 

↑ もうこんな風景を見たことない

って子供たちもいるんでしょうね。。。

 

 

 

では、新聞や折込広告は必要ないのか?

 

不動産業界を見てみると、

週末(金曜・土曜)を中心に

必ずどこかしらの不動産会社の

折込広告が入っています

 

なぜ新聞の購読者数が減っているのに

新聞折込チラシを入れているのか?

 

 

「新聞とっていない人が多いから

インターネットに掲載しておけば

いいじゃん」

 

そう思われる人も多いと思いますが

 

昔のように

インターネットのサイトに物件情報を

掲載せずに紙媒体のチラシだけで

宣伝している会社は

ほとんどありません

 

世の中に様々な業種がありますが、

この不動産業界

インターネット、SNSの宣伝“活用”については

結構進んでいると思いますし

幅広く、浸透がしていると思います

 

さまざまなサイトに物件の情報を

不動産会社が掲載できるように

なっていますし、

その数多くの情報を誰でも

見ることができるようになっています

 

全国規模の大手不動産会社から

町の小さな不動産会社まで

お金のかけ方はもちろん違いますが

インターネットに情報を掲載して

宣伝していける形になっています

 

 

では、なぜ今の時代に

紙媒体の広告をいれるのか?

 

もちろん昔からの考えだけで

折込チラシを入れているところも

ありますが、

 

新聞を購読している客層に向けて

折込チラシを入れています

 

新聞を購読している客層?

 

例えば、

・売却を考えているご高齢の人に

・息子、娘が不動産を探している親御さんに

・インターネットなどをあまり見ない人に

・食品やその他日常品のチェックで

チラシを見ている人に

などなど

 

いくらインターネットが

これだけ普及しているとはいえ

そのインターネットを活用していない

人たちも確実にいます

(割合はもちろん低いですが、、、)

 

そこに向けて

折込広告をいれているんです

 

割合はもちろん低い話にはなりますので

反響率など計算していくと

費用対効果はどこまであるのか

と言われると、、、

厳しい面は、もちろんありますが

確実に0ではありません

 

必要か、必要でないかは

各会社の判断で変わってきますが

ひとつに絞った形ではなく

どこまで販売活動をしていくのかの

判断にはなりますよね

 

ただ最近

インターネットしか掲載がされておらず

広告も折り込みをせずに

誘導看板のみで販売を行っていない会社も

多くなっています

 

インターネットで見てみると

・オープンハウスを開催しているのか?

・完成はしているのか?

などわかりにくい面もでてきます

 

広告を入れていない

そういった物件に限って

あまり売れていません

(すべてではないですが)

 

これが、チラシを入れていないから

売れていないのか

もともとなかなか売れない物件なのかは

判断がつかない面もありますが

“効果がないからやらない”と

“経費をかけたくないからやらない”

では、大きく意味が変わってきてしまう

ことになります

 

どんなことでも

コレだけずっとやっておけば

大丈夫ってものはないと思いますが

 

紙媒体のチラシが減っているように、

インターネットすら見ない

それに代わるモノができてくる時代も

今後くるのかもしれません

 

時代に合った形のモノを使いながら

様々な形で対応ができるように

していかないといけませんね

 

今日のブログはここまで♪