〒482-0042
愛知県岩倉市中本町西出口31-1
TEL:0587-66-3400
FAX:0587-66-3417

頑張る中小企業を応援します!

活動報告一覧INFORMATION

田中(いわくら不動産)

えっ!?建て替えができない不動産とは・・・

 

こんにちは~

いわくら不動産センターの店長です

 

 

さてさて

不動産屋の店長ブログを

 

 

えっ!?

建て替えができない

不動産とは・・・

 

 

「不動産を“売却”しよう」

「不動産を“相続”した」

 

こういったときにご相談をいただいた不動産を調べてみると、、、

たま~にあるんですが

現状、建物が建っている土地建物であっても

 

再建築不可

つまり建て替えができない

不動産があります!

 

 

「えっ!?

今、建っているのに

建て替えが

できないの?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3d76d0889236fc1d619bdbe4dfd0c2af.png

 

 

そうなんです・・・

 

 

なぜ

建て替えが

できないのか?

 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 715099a489f788defa7ec2d12e95ef3b.png

 

もちろん調べる地域や不動産によっても違ってきますが、理由としては多いのが

 

①都市計画

②道路

この2つの要因が“多い”です

 

 

まずは1つ目の

 

①都市計画

 

当店のある岩倉市周辺の地域だと、都市計画に

「市街化区域」と「市街化調整区域」があります。

岩倉市だと、昭和45年11月24日に

市街化区域と市街化調整区域が“線引き”されています。

ご存知の人も多いですが

市街化調整区域は基本的には一般の人が土地を購入して

建築することが難しいです。

しかし、線引き前に“宅地”になっている土地の場合

旧既存宅地としての要件を持っている土地が多く

そういった土地の場合は、既存の建物を取り壊し

(取り壊している場合も含む)建物の建築

つまり、再建築が可能となります。

 

線引き後の宅地になっている土地の建物については

どのように建物が建築されたかを調査しないと

再建築ができない土地もあるので注意です!!

市街化調整区域となっている場合に

そういった点を見て再建築ができるかをチェックする

必要があります。

 

では、市街化区域であれば建て替えが

できる可能性が高くなるのかと言えば

気をつけなくてはいけないのが

2つ目の

 

②道路

 

これもよく調査をしてみると発覚することがあります。

 

基本的な前提条件として、、、

土地の前面に

道路がないと建築できません

 

建築をする際には、建築基準法とういう法律があります。

 

その中に道路に関する部分でいうと

建築基準法第42条があります。

 

この42条に定められた

道路に土地が

接していなけば

建築ができません。

 

よくあるのが

あきらかに道路に接していない、

道路がメチャメチャ細い1.8m未満

そんなところに

建物が建っていて人が住んでいる

古いお家って周りにも探してみると

あると思います

 

昔はそれでも建築ができたところでも

今、建築しようと思うと

建てられません!!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b70384f1a2dc6060794b2acb862a1c8b.png

 

昔(過去)、

建築ができたことが

(今、建築ができるかどうかの)

基準にはならず、

 

今(現在)の、

建築基準法に

適した建物“しか”

建て替え・建築は

できません!

 

だから、

道路によって

建てられる、建てられないが

変わってきます。

 

ココで注意するポイント!

 

道路には

市道や県道や国道など色々と種類があります。

また今はありませんが

県や市町村から「土地のこの部分が道路である」

という指定(道路位置指定)を受けた

位置指定道路もあります。

(また道路については違う機会で詳しく・・・)

 

これらは、建築基準法上の道路として

認められる道路となります。

 

しかし、土地の前面道路が

どういった道路になっているかは

“見た目”では判断がつかない場合があります。

 

・アスファルトがしてある

・側溝がある

・水道管が通っている

 

こういったことは

“道路”として認められる

要因にはなりません!!

 

見た目が、アスファルトがしてあり、側溝もあり

水道管が通っていても

個人の所有の土地

なっている場合もあります。

 

周りの人やそこを普通に“道路”として

みんな使っていても

“建築基準法”の道路として認められる

道路でなければ

建築はできません!!!

 

これは役所の道路課で調べることができます

 

見た目や今どう使っているかでの

判断ではないことを知らない人も多いので

 

まさかこの土地が

再建築、建て替えが

できないなんて・・

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 898eee25273465fca20329ead16e1b36.png

 

となってしまう人もでてきます。。。

 

 

また、道路で言えば

建築基準法の道路に

間口が2m以上接していなければ

いけません

 

土地の前面が道路だからといって

2m道路と土地が接していないと

建築ができません。

 

 

今、持っている土地

また相続した土地に

建物が建てられるのか

また建物が建っている土地で

建て替えができるのか

については、必ず調べることが

ポイントになってきます

 

今(現在)

建物が建っているから

建て替えできるでしょ

はダメ✗

 

しっかりと

道路などの状況を

把握する事が

大事になります。

 

また、近頃

SNSを利用して

再建築不可をできるようにする!

みたいな怪しいセミナーも多いです。。。

 

実際それでうまくいけば良いですが

そういった裏技的な話は

あまり聞きません、、、

 

まずは

しっかりと調査をしてくれる

ちゃんと状況を伝えてくれる

不動産会社に相談することが

重要だと思います。

 

 

今回はこのへんで

 

それではまた次回

 

 

いわくら不動産センターの

ホームページでも

ブログを書いています

 

不動産の購入・不動産の売却

のお話もぜひコチラへ 👇

 

いわくら不動産センター|岩倉市・尾張地区を中心とした総合不動産情報

岩倉市・尾張地区を中心とした総合不動産情報。新築一戸建て・中古一戸建て・土地・中古マンションの購入、不動産買取・不動産査定は「いわくら不動産センター」にお任せください!