〒482-0042
愛知県岩倉市中本町西出口31-1
TEL:0587-66-3400
FAX:0587-66-3417

頑張る中小企業を応援します!

活動報告一覧INFORMATION

黒木優

ステンレスパイプ ヘアーライン仕上げ②

こんにちは!

 

 

今回は昨日の『ステンレスパイプ  ヘアーライン仕上げ』の続きです。

 

 

前回では溶接部の荒擦り〜中間仕上げまでを紹介させていただきました。

 

ステンレスパイプ ヘアーライン仕上げ

 

↑↑中間仕上げまで終了した写真です。

 

 

ここから「最終仕上げ」に入っていきます!

 

 

ステンレスパイプ ヘアーライン仕上げ②

↑↑コチラを使用して最終仕上げをしていきます。

 

弊社でヘアーライン仕上げをする場合に使用する道具は主に2種類。

どう使い分けるかというと、仕上げをしたい「面」の形状できめます。

 

 

「平面」なのか「曲面」なのか。

 

 

平面の仕上げはまた今度ご紹介させていただくとして、今回は曲面の仕上げなので↑の写真の道具を使っていきます。

 

 

コレはホイール状になっていて、厚みもあり曲面への「食いつき」がいい。

 

 

もちろん平面でも使用できますが弊社では曲面の仕上げの時、主に使用しています。

 

 

今回は#60と#100を使用しました。

 

 

まず#60で荒くヘアーラインの筋目を作り、#100で元の筋目に近くする。という流れ。

 

ステンレスパイプ ヘアーライン仕上げ②

ステンレスパイプ ヘアーライン仕上げ②

↑↑ひと通り「筋」を入れたところです。

 

ここで意識するのもやはり、「筋目と平行」に当てていくことです。

 

少しでも斜めになると、結構目立ちます!

 

あと、少し力を入れて当ててやると前工程の擦り跡を消しやすい。

(ただ、熱の入りには注意!)

 

 

ここまで来たらあと少し!

 

ステンレスパイプ ヘアーライン仕上げ②

 

 

遠めで見るとまだ「手を加えた感じ」が残ってますね。

 

そこで…

 

 

ステンレスパイプ ヘアーライン仕上げ②

↑↑研磨不織布です。

 

コレを使用して、周囲となじませていきます。

最終的には手作業です!

 

 

少し範囲を広めに擦りあててやれば…

 

 

ステンレスパイプ ヘアーライン仕上げ②

 

完了です!

 

どうでしょうか。

パッと見た感じではどこが継ぎ目だったか分からないと思います。

 

自分で言うのもなんですが、近くで見ても分からないくらいの自信はありますw

 

 

それではココでおさらい。

 

まず、

 

・切削工程では『熱を加えすぎない』ようにする。

 

・ヘアーラインの目と『平行の擦り跡』、『筋入れ』を意識する。

 

 

この2点を注意してやれば、キレいなヘアーライン仕上げが出来るはずです。

 

 

仕上げというのは手間も時間もかかりますが、そこを惜しまずに作業をするかで製品の出来映えは大きく変わります!

 

 

 

以上、ステンレスパイプのヘアーライン仕上げのご紹介でした。

 

 

それでは。