〒482-0042
愛知県岩倉市中本町西出口31-1
TEL:0587-66-3400
FAX:0587-66-3417

頑張る中小企業を応援します!

活動報告一覧INFORMATION

鳥勝 ぶっちー

中国で「H10N3」鳥インフルエンザの人への感染確認!不安を煽る情報に注意!

こんにちは!気が付けば6月に

入ってしまいましたね!

コロナ禍の期間中に、やれる事を

やろうと色々画策していますが、

自分のキャパシティがとんでもなく

低い事に気づいてしまいました笑

やりたい事10に対して達成できる

事が2~3くらいです。。

その間にもやることが溜まってしまい……

まあとにかく、前に進むしかないですね!

ぶっちーです!

 


 

 

さて、鳥勝の本筋とは少し

ずれてしまうのですが、

ちょっと最近情報に踊らされている

人が多い印象がありまして、、

あえてこの記事をご紹介します。

 

 

中国で「H10N3」鶏インフルエンザ世界初の人への感染確認

 

中国でN10H5型の鳥インフルエンザウイルスの

人への感染が初確認されたそうです。

 

COVID-19の発生が中国とみられている

事や、初期の中国の対応などを巡って

twitterなどのSNS上では、

「鳥インフルエンザが人に感染した」

事が「世界初」というニュアンスで

情報が拡散されているようです。

 

間違えてはいけないのが、

「H10N3型」のヒト感染が初という事です。

「鳥インフルエンザ」のヒト感染が初ではありません。

 

 

このH10N3型は弱毒性で

今回のヒトへの感染も偶発的な

要素が強く、新型コロナのような

パンデミックになる可能性は低いとされています。

※途中で弱毒性から強毒性に変異した「H7N1」のような

事例もあるので楽観視はできませんが。。

 

今回のH10N3は今の所騒ぎ立てる内容では

ありませんが、鳥インフルエンザは

これまでにも人へ感染し、死者が多数出た

事例もあります。

 

 

 

特に有名なのが

 

H5N1

H7N9

 

の2種類で、二類感染症に分類されていて

アジア圏を中心にこの2つの種類の

鳥インフルエンザは多くの死者を出しています。

 

 

それ以外にも感染が流行したものだけで

 

H3N2

H5N2

H5N3

H5N4

H5N8

H5N9

H7N1

H7N2

H7N3

H7N6

H7N7

H9N2

 

等が確認されていて、四塁感染症

設定されています。それぞれに

亜種があるようです。

 

以前のブログでも書きましたが、

これらの鳥インフルは突然変異を

起こし、人へのパンデミックとなる

恐れもある為、正しく恐れなければいけません。

 

 

リンク:COVID-19以上の脅威!?

 

 

 

ちなみにお気づきのように、

鳥インフルエンザは

「H(数字)N(数字)」

というような表し方をします。

 

これは

H ヘマグルチニン

N ノイラミニダーゼ

という頭文字をとったもので

それぞれの抗原性によって

数字が違います。

 

現在、ヘマグルチニンは18種類

ノイラミニダーゼは11種類が

亜種としてあるようです。

 

リンク:農研機構

 

 

「中国」「ウイルス」という単語だけで

「細菌兵器」がどうとかこうとか

陰謀論的な発信をする方。

その確率がゼロとは言いませんが、

COVID-19の事も含めて無駄に

不安を煽る事はやめましょう!

 

公開されている情報をよく確認して

正しい知識を元に行動しましょう!

 

それでは今回はこの辺で!

また次回!