〒482-0042
愛知県岩倉市中本町西出口31-1
TEL:0587-66-3400
FAX:0587-66-3417

頑張る中小企業を応援します!

活動報告一覧INFORMATION

鳥勝 ぶっちー

新型コロナのワクチンが不安なお客様がいたので、円グラフでまとめてみた

 

 

こんにちは!

愛知県も唐突に緊急事態宣言が

5月の12日から適用されることが

決まり、飲食店を中心に食品に

関わる事業者にも動揺が広がっています。

しかも今回は「蔓延防止措置」の

延長的な色合いも濃く、特に

「酒類の提供の自粛」が織り込まれています。

食品に関わる僕たち事業者も、内容が

よくわかっていない方も多く、

右往左往する日々はまだまだ続きます。

ぶっちーです。

 


 

 

そんな中、新型コロナウイルスに

対する切り札として、ファイザー社を

はじめとした各企業が開発した

「新型コロナワクチン」

接種が進んでいます。

 

 

新型コロナワクチンについて

 

新型コロナウイルスがどんどん

拡大してゆく中、もはや打つ手は

人の移動制限でもなく

PCR検査の拡充でもなく、

この新型コロナウイルスに対する

ワクチンです。

元の生活に我々が近づくには

もうワクチンしかありません。

 

現に、アメリカやイスラエルなど

ワクチンの接種人数が多くなるに

連れ、明らかに状況が改善して

いっているという事例も各国で

出てきています。

 

 

リンク:復活のニューヨーク NHKニュース

 

 

日本国内でもワクチン接種は

1日あたり30万人ずつ接種を終えるなど

着実にワクチン接種は進みつつありますが、

鳥勝のお客様のうち高齢の方とお話していると

「ワクチンを打つことに不安を感じている」

という方がちらほらいる事に気づきました。

 

 

 

そこで、とても簡単な集計ですが、厚生労働省や

NHKなどの集計しているデータをもとに

直感的に見れる円グラフを作成してみました。

あくまでもおおよその数字として

見て頂きたいですが、現状は把握できると思います。

 

 

まずは2021年5月初頭時点の

コロナ感染者の数です。

 

 

「延べ人数」で考えてはいますが、

全人口に対する感染者(死亡、回復など全て含む)は

およそ0.5%で、これは国民の200人に1人が罹患という

集計になりました。

 

 

 

 

鳥勝のある岩倉市だけで見ても、

おおよそ日本国全体と比較して

さほど変わらない確率となりました。

やはり、およそ人口の0.5%が罹患しています。

 

 

次に、

「高齢者限定」で見た場合です。

 

 

 

少し古いデータを参照してしまいましたが、

80歳以上の日本人口と、

80歳以上で新型コロナに罹った人を

データで見た場合、国民全体と比べて

わずかですが低くなります。

これは報道等でも言われている通り、

若年層の罹患者が高齢者に比べて

多い事が理由として考えられます。

おおむね、報道等で周知されている通りの

結果ではないでしょうか?

 

 

ここで少し踏み込んで、

上記グラフで示した

「高齢者で新型コロナに罹った人」の

死亡率をグラフにしてみます。

 

 

 

現在公開されているデータをもとにすると

80歳以上でコロナに罹ってしまった人の

実に13%から14%が死亡しています。

これは新型コロナに高齢者が罹患すると

7~8人に1人は死亡するという

とてつもない数字となっています。

 

さらに、東京都福祉保健局の発表している

データによると、昨年のデータでは

あるものの80代以上のコロナ罹患者の

死亡率はなんと30%~33%

なっています。(東京都内のみで見た場合)

言うまでもなく3人に1人が死亡するという

きわめて死亡率が高いというデータです。

 

東京都福祉保健局データ

 

 

ここまでで分かった事は、

〇日本国民の200人に1人がコロナに罹る

〇80歳以上の高齢者に限ると300人に1人

〇コロナに罹った高齢者の7~8人に1人は亡くなる

 

特に高齢者に限って言えば、

以上の数字から新型コロナに罹る確率は

十分に高く、さらに罹ってしまった場合の

死亡率はとんでもなく高いという

事態になっています。

 

 

ここで、現在進んでいる新型コロナワクチンを

打ち終えた方と死亡率のデータを見てみます。

 

 

 

2021年の5月9日時点でですが、

309万人以上の方がワクチン接種を終えています。

(1回目、2回目に限らない)

これはおよそ日本国民の40人に1人が

ワクチン接種をしたという事になります。

 

さらにそのうち、ワクチンとの関連は

不明とされながらもワクチン接種後数日以内に

亡くなられた方の数を見てみます。

 

 

 

2021年4月30日に厚生科学審議会

予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会

が調査会で公開した「資料3-3」を

もとにすると、死亡例は19件報告されていて

そのうち全てで新型コロナワクチンとの

因果関係は「評価できず」とされています。

亡くなられた方がいる事は当然残念な事ですが

現状、新型コロナワクチンが直接の原因と

はっきり断定できるケースは無いという事です。

 

 

その数は接種済みの人数から見てもおよそ

16万人に1人だそうです。

当然現在新型コロナワクチンは

医療従事者、高齢者、基礎疾患者を

優先して接種が進められていて、

健康な若い人はこの接種済み人数に

占める割合はとても低くなっています。

 

以上の事から見ても、高齢者の方が

〇新型コロナに罹り死亡する確率

〇ワクチンを打ち、それが原因で死亡する確率

のどちらが高いかは一目瞭然です。

 

 

ごく一部で、公開されているデータは全て嘘で

新型コロナはただの風邪だとか流布している

人々がいるようですが、自国の機関が公開している

データを信じる事が出来ず、数字から物事を

考える事が出来ない残念な人たちの戯言です。

絶対に信じてはいけません。

 

まとめになりますが、データは嘘をつきません。

嘘であった場合、評価可能な形で確実に

ボロが出るからです。

 

僕たち食品関係者をはじめ、みんなが現在の異常な

状態から抜け出し通常の生活に戻れるかどうかは

このワクチン接種にかかっています。

特にリスクの高い高齢者の方たちには

正確な情報をもとにした行動をお願いします。

 

飲食店の未来は高齢者にかかっています。

 

 

それでは今回はこの辺で!

また次回!