〒482-0042
愛知県岩倉市中本町西出口31-1
TEL:0587-66-3400
FAX:0587-66-3417

頑張る中小企業を応援します!

活動報告一覧INFORMATION

水越 たかゆき

組み立て前の仕上げ

こんにちは、ダグムスの貴之です。

最近は、ブログ読んでるよー。といってお問い合わせを頂ける方も結構

いらっしゃって誠に有り難いのですが、益々いい加減なことは

かけませんねw 気をつけまーす。

途中、備品の話も挟みましたが、ようやく組み立てです。

 

と、その前にシッカリ研磨なども。

内壁ボロボロはOリングが喰いつきやすくなったり、

余分な汚れのこびりつきも呼んで仕舞いますので出来るだけツルツルに。

カリプソ 1st 内部

スプリングがゴリゴリ回り難いとこれまたスムーズな呼吸の妨げになるので

キレイに磨いとこう。

ピストン廻りもキレイに磨いて抵抗を減らします。

 

そういえば、今度発売になるトヨタの「ヤリス」という小型車、

燃費向上の秘密は新開発のオイルにも拠るんだとか・・。

まさかケミカルで燃費向上を謳うのをメーカーがやるとは思いませんでした。

昔、深夜のテレビショッピングでよく騙されたオイル添加剤よりも効果はありそうw

閑話休題。

スムーズな呼吸という意味でのフリクションロスと言うのはレギュレーターも一緒です。

やはり呼吸のしにくいレギュレーターよりもスムーズな呼吸の方がタンクの持ち時間も

違ってくると思います。

車と違うのは水中で使うものなのでオイルだけ頼みには出来ない事ですね。

カリプソ 1st ピストン研磨

1stステージ内のオリフィス。腐食は落としましたが、やはり少しだけ

くぼんでいますね。

気密を取る反対側なのでとりあえず問題ないかと。

反対側なら形状修正。それでもだめなら部品交換が必要になります。

長期間の錆の付着はよろしく無いです。こまめに洗いましょう。

カリプソ 1st ポペット

各ポート内部の汚れはキレイに落とせました。

外観では判らないでしょうね。使ってもらえば勿論、ボロボロのものとの

使用感の違いはお分かり頂けるかと思います。

ヨークリテイナー ポペットケース 内部仕上げ

万力ではさみこんで回しているのではありません。シッカリと固定をしています。

余り挟み込むとボディが変形して次回、外れなくなってしまいます。

稀に、目一杯一定方向のみからの入力をされた器材をお預かりしますが、

それほど汚れてなくとも分解にエラく手間取るものがあります。

金属と言っても所詮、真鍮やアルミ、仮にチタンだとしても結構肉厚が薄く、

意外と変形には弱いんです。

カリプソ 分解不可能な場合

フローベンの動きもチェック。

細かい砂類は落としましたのでスムーズな回転です。

XLC セカンドフローベン確認

呼吸時に生臭くない様に?w

セカンドケース内の水アカも落としましょう。

痕は右側に写っているダイヤフラムが問題ですね・・。

セカンドケース内 汚れ

つづきます。