〒482-0042
愛知県岩倉市中本町西出口31-1
TEL:0587-66-3400
FAX:0587-66-3417

頑張る中小企業を応援します!

活動報告一覧INFORMATION

山内 豪

鳥鉄なのに豚肉の話 SPF豚

はじめまして、町のお肉屋さん「鳥鉄」の山内です。
所属している商工会青年部のHPが完成したので、
初めてブログなるものを書いています。
不慣れなため、読みにくい・見づらい等あるかもしれませんが
そのあたりはご容赦ください。

最近晴れ間が見えるようになってきて夏らしい暑さがやってきましたね。
暑いとはいえ晴れているとやはり気持ちがいいです。

晴れ間

もうすぐ梅雨明けするんでしょうか。

最近、豚肉を買っていかれる方が少し増えてきたので
皆さんそろそろ夏バテ対策しはじめたのかなと思う今日このごろ。

買いに来たお客さんから「SPF豚」ってなんですか?と尋ねられるのですが
皆さんは「SPF豚」と言うのをご存知ですか?

SPF豚のロース肉
ロース肉

特徴としましては、豚特有の臭みが少ない・冷めても柔らかい肉質
さっぱりとした上質な脂・保水性が高くジューシーなお肉です!

ここだけ見るとお店でよく見る銘柄豚の謳い文句とおなじですねw

ではSPFとは何なのかといいますと
Specific(特定の) Pathogen(病原体) Free(無い) の略で
あらかじめ指定された病原体を持っていないという意味になります。

SPF豚とは豚の発育に影響をおよぼす病気、オーエスキー病、萎縮性鼻炎、
マイコプラズマ肺炎、豚赤痢、トキソプラズマ病などの病原体を持っていないことが
証明された豚のことをいいます。

簡単にいうと生まれたときから出荷されるまで、徹底した管理体制のもとに
ほぼ病気にかかることなく慎重に育てられたとても健康な豚ということですね。

よく無菌豚と思い違いをして生食できると思う人が少なくないそうですが
あくまで特定の病原体がいないだけなので生食はできません。
必ず火を通してたべてください。 

どのようにこの豚ができるかというと
まず子豚が生まれる際に様々な病原体に汚染するのを防ぐため帝王切開で取り出されます。
そして一定期間、人工哺育施設で飼育後にSPF豚農場の清潔な厩舎へ移されます。
これがプライマリー豚と言われる最初のSPF豚です。

帝王切開で取り出されるのはプライマリー豚になるものだけで、
SPF豚農場では病原体がほとんど存在しないため、以降の繁殖は自然分娩でされるそうです。

SPF豚厩舎

出典元:日本SPF豚協会

病気によるストレスがないため発育が早いのが特徴で一般的な豚のように
太らせるための油分を含んだ餌を与えなくても大きく育っていきます。
また、ワクチンなどの投薬量も少なくすみ、
薬物残留の心配もほとんどない安全性も確保されています。

ストレスがない、病気しない、健康的な餌のみで育つ、これらの理由から
最初に書いた特徴を持った豚肉になるんですね。

実際、普通の豚肉の脂が苦手な私が食べられますので
だいぶ違いがあるのだと思います。

最近はスーパーなどでも見かけることがあるようですので
お店で見かけたら一度食べてみてはいかがでしょうか?
ちなみにおすすめは冷しゃぶです。

夏はどうしても冷たいもの・水分の多いものを食べてしまいがちですが、
栄養面をきちんと考えて暑い夏を乗り切っていきましょう!

 

山内 豪様の詳細はこちら